適切なサイズと施術

豊胸手術には様々なタイプのものがあるため、小規模なバストアップから、2カップ以上の大幅な施術まで、好みに合わせて調整することが出来ます。ただし、もちろんこのバイトアップの幅にも限界があります。基本的に、豊胸手術の限界は体格で決まります。どのような施術方法であるにしろ、その人の骨格や体格によって、バストサイズの上限が出てくるのです。施術前、これらの説明をしっかり聞いて、担当医と徹底したカウンセリングを行うようにしましょう。安全な豊胸手術が第一ですよ。

また、バスト自体があまり大きすぎてしまうと、バランスが崩れてしまう恐れもあります。胸部が硬くなって、別トラブルを抱えてしまう可能性もあります。そのため、挿入する場合は、ただ欲張ってたくさん入れれば良いというものではないことを、忘れないようにしてください。バストはただ大きくすれば良いものではなく、美しく大きくしたいものなのです。闇雲に素材を挿入するだけでは、美しいバストラインを作り出すことが出来ません。

また、将来を考えた場合も同様です。人間の身体は老化によって変わってきますから、微調整をしながら美しいバストを保つ必要があります。豊胸手術の場合、一般的なバストと異なってきますから、専用の手入れをきちんと行う必要があるというわけですね。